大人のやさしい独学英語と国際恋愛

大人が英会話を独学で習得するマインドと国際恋愛 海外移住 願望実現のこと

海外移住 移住先はマレーシアのジャングル!?

まったく違う環境に暮らしてみたい

 

東京生まれの 東京育ちです

品川区で生まれて

その後 家族と共に都内で何度かの引っ越しをして

今現在は 都心部から電車で20分ほどの

東京ど真ん中でもなく

かといって 東京郊外、と断言できるほどでもない

比較的静かな住宅地に暮らしています

 

誰でもみんな そうだとおもうけど

わたしも例外なく、自分の生まれ故郷を愛していて

つまり東京を愛しています

国内のどこに出かけても、東京に戻るとホッとするし

海外旅行から日本に戻って安心するのも

都内の景色が見えた時

 

あと

TOKYOって英語表記も、めちゃカッコイイとおもってる

これはね 個人の感想だけど(笑) 世界イチ!カッコイイ!

空港で、飛行機の発着便の英語案内を見ると

世界のどの都市よりも

やっぱりTOKYOが一番カッコイイとおもってしまう

 

PARIS?

NEW YORK?

LONDON?

HELSINKI?

MILANO?

TAIPEI?

 

いや~!やっぱ TOKYO でしょう!

 

なんとゆうの?もう字面だけでカッコイイ(笑)

 

アイ ラブ トーキョー

 

こんなに東京ビイキが はなはだしいのに

海外移住を望んでいて

マレーシア・クアラルンプールに移住をするらしい

どうやら、そうらしい(笑)

 

クアラルンプールは

何度か訪れた経験からの勝手なイメージだけど

急速な都市開発が進んでいて

どこもかしこも 工事、工事、工事!

あっちもこっちも高層ビル建設で あちこち施工中

ビル建設中のカーンカーンって音が気になる

朝と夕方の車の渋滞がチョーゼツ激しく

街中はいつもクラクションの音が鳴り響いてる

よく言えば 活気があるし

わるく言えば うるさい

 

大都会でも、東京はあんなに騒々しくはない

車のクラクションは聞こえない

人の話し声はあくまで静か

 

わたしの極端な ふるさとびいき(笑) を差っ引いても

東京は、というか 日本人は全体にマナーがいい

東京は特に

周りのひとに迷惑をかけない、という意識も強いから

大勢のひとが協調しながら暮らしている

大阪とか、福岡とか、名古屋とかの大都市も

きっとそんな感じだよね

 

マレーシアに住むフランス人の彼と出会って

わたしのこれからの人生は

このひととマレーシアで営まれるんだなぁ、と

おもった時

最初はトーゼン

クアラルンプールの中心地に住むことを受け入れていた

彼が今現在そこに暮らしているのだし

利便性やら、何やら含めて

なーんの疑いもなく、2人でそのまま

クアラルンプール中心街に住むんだとおもっていた

 

ところが、ここ数ヶ月

わたしの中に謎の欲求が生まれ始めて

 

住むなら、クアラルンプール中心地ではなく

中心地から外れた

自然豊かなジャングルみたいなところがいい...!と

おもうようになった

 

何で...? 

 

ふむ.....わからん

 

でも、中心地じゃなくて

ジャングルみたいなとこがいい

 

自宅の周りには木々がたくさんあって

毎朝 鳥のさえずりが聴こえて

空気がキレイで

静かなところ

 

でも、蚊には気をつけて

(デング熱には要注意!)

 

これを想像し始めたらもう止まらなくなっちゃって

ワクワクしちゃってドキドキしちゃって

あたしの 萌え 萌え が暴走しちゃって

もぅ...たまらん

 

で、数ヶ月この "萌え" を温めて

先日彼にそれとな~く

こういうところに住みたいんだけど...?どうかな?と

聞いてみたら、アッサリ承諾

 

僕もね、ハニーと住むなら

自然豊かな場所で

毎朝鳥のさえずりを聴きながら

バルコニーでモーニングコーヒーを飲みたいんだ

 

などと言う

 

ハイ、決まりね!決まりね!

 

モーニングコーヒーなんて、お安い御用よ!

 

ハイ、決まりね!

 

で、そんなところはクアラルンプール中心地から

どのくらい離れれば見つかるの?と、問うてみたところ

なんのこっちゃない車でわずか20分位中心地から離れれば

そのような物件はいっぱいあるのだそう

 

具体的に目星を付けられる場所を

彼がいくつか知っているようなので

わたしたちの新しい生活は

ジャングル(?)で始まるってことでね!決まりね!って(笑)

 

しつこいけど 東京生まれの 東京育ちです

たぶん、世界的な大都市で生まれ育ちました

 

人生の前半と後半を

それぞれまったく違う環境で生きてみたいとおもっていた

これから始まる半分は、彼と2人で

まったく新しい人生を生きてみたいとおもっていた

 

大都会で人生の半分を生きて

ジャングル (みたいなとこ) で人生の半分を生きる

 

うん、これはケッコーおもしろいかも!

 


f:id:mieaquarius:20210623165920j:image

 

マレーシアは国土の60%が森林

 

クアラルンプール国際空港から中心地へ向かうまでの

車から見える景色が大好き

左右に広大な森林があって

まるでそこらへんから、トラやら象やらが出てきそう

そんな雰囲気

 

一番最初にマレーシアを訪れた時

この景色には心を奪われたな~

うわっっ!ジャングル....ってね

 

今後、都市開発がドンドン進んでも

あの美しい大自然がそこにいつまでもあり続けますように!

 

そうそう

マレーシアは国土の60%が森林なんだって

 

クアラルンプールの中心地は

排気ガスで、空気があまりキレイではなさそうだけど

それでも街中で

時折 風がフワ~っとなびいて体感湿度を吹き飛ばしてくれる

 

それはもしかしたら国土の60%を占めるという

森林のおかげ なのかもだね

 

1年を通して平均気温が同じ

1年じゅう暑い

 

これ、実はちょっとした恐怖...

 

湿度が苦手なのと

日本には美しい四季があって

その季節ごとに感じている情緒が

生活の節目になっているような気がしていて

 

例えば

春は、何か新しいことを始めたくなるし

夏は、気分が開放的になって

秋は、気持ちが自分の内側に向かい始めて

冬は、自宅でとっても静かに過ごす

 

こんな風に、季節ごとに気分も行動も変わって

毎年毎年、新しい季節を迎える時は少しドキドキする

 

日本人の豊かな情緒は

こういう四季の環境にも大きく影響を受けているのかな?って

 

それが、1年を通してずっと夏

ずっと暑い

ずっと湿度高い

 

これだけ、ものすごく不安~!

 

湿度がさぁ~苦手なもんで~!

 

ま、暮らしてみないことにゃ実態はわからんよね(笑)

案外ケロッとして、全然平気だった~!とか

言ってるかも知れないもんね

 

しかし、国境もまだ自由に越えられないこの状況

いったい いつ行けんのんかいな(笑)

 

 

Mie