大人のやさしい独学英語と国際恋愛

大人が英会話を独学で習得するマインドと国際恋愛 国際結婚 海外移住のこと

英語独学のやり方③~文章を自分でつくってみる~

まずは簡単な文章を1つつくってみることから

中学1年用の文法参考書を使って、英語やり直し開始

 

今までと同じ失敗は、もうくり返さないもんね!!

ちゃんと勉強するんだもんね!!

きほんのきほんから、ちゃんと学ぶんだもんね!!

 

と、まずは参考書を胸に抱えて意気込んでみた

 

でも すぐさまおもい出す

 

それは

問題を解くために文法を勉強をするのではナイっ!!!

このチャレンジはあくまでも、英語を【話す】ための最初の1歩なんだ!

という大切なこと

 

わたし達日本人は、小さい頃から身にしみついた学校教育のなごりで

どーしても、正解を答える、ってことに傾向しがち

テスト対策心得なんかも、幼少時代からみごとに植えつけられちゃったもんだから

マークシート式のテストだったりすると

"さっきからAの解答が続いているから、そろそろBが来るな...

いや、もしかしたらバランス的にCが来てもおかしくないかも...?

いやいや待て待て...ひょっとしてフェイントでやっぱりA.....???"

とかさ、やりがち

最終的には、迷いすぎてエンピツ転がして運だのみにしちゃったりして

もはや、勉強の中身とか関係なくない!?みたいなとこに意識が向いたりねw

本の学校教育の呪い(言い方...ダメなひと)ってちょっぴり強め

 

なもんで

まず最初に自分の心にしっかり刻んでおいた

 

 

【目的は、英語を話せるようになること】それだけ!

 

 

中学文法の参考書できほんのきほんから始めて、ぜんぶ覚え直し

 

名詞 形容詞 動詞 副詞 前置詞 冠詞 代名詞 助動詞

主格 目的格 所有格 接続詞 単数 複数 比較級

時制 不定詞 関係詞 仮定法 能動態 受動態 etc

 

日本語とは異なる英語の語順

 

1つ1つを理解していけるように、中学英語参考書ガン読み

 

いくら、話せるようになるためのステップとはいえ

最初は机の上だけの勉強以外、やりようがなかったなぁ...

とにかく、構造を理解しようと一生懸命に中学文法に取りくみました

 

ここにしっかり取りくんで、きほんの文章構成が少しずつ見えてきたら

自分で、簡単な文章を1つつくってみる

とても簡単な文章をつくって遊ぶ、という感覚でトライしていました

 

例えば

『明日お買い物に行きます』を英語にしてみる

 

 

(*英語そのもののレッスンになることを避けたいので

 例文はすべて日本語で書くね!ご了承を~)

 

 

このときも、明日、のことなので時制に気をつけて正しい文章になるように

 

もっと簡単な文章から始めるなら

『わたしはピザが好きです』とか

 

とにかく、何でもいいので自分で1文だけつくってみるの

 

最初は自分(I)のことから、そして次は相手(You)のこと、わたし達(We)のこと

彼(He)のこと、彼女(She)のこと、これ(This)、あれ(That)、それ(It)

 

主語を変えて、時制を意識して、3人称のsは忘れてないかな?..とかね

 

そんな感じで、まずは1文の中で文法を意識しながら

シチュエーションのバリエーションを増やしてみる

 

それを何度も何度もくり返して、自分の中でしっくりくるようになったら

そのつぎはもう1つ、つながりを持つ文章をつくってみる

 

さっきと同じ文章例からね

『明日お買い物に行きます』ともう1つ『洋服を買いに行きます』を

それぞれ英文にしてみて、2つの文章をつなげて1つの文章にしてみる

『明日洋服を買うために、お買い物に行きます』

これで、バラバラだったそれぞれの文章がひとつにつながった!

 

もう1つの例文

『わたしはピザが好きです』にもう1つ『わたしはピザを週に1回食べます』

をつなげてみると

『わたしはピザが好きなので、週に1回食べます』が完成!

 

そのつぎは、もう1つ『誰と、どこで』などをつなげてみる

こうやって、つくれる文章を少しずつ長くしていきました

 

2~3つに分かれていた文章をつなげるためには、どうしたって文法が必要

接続詞から始めて、この場合はTo不定詞かな?ここは関係詞だな?

って、おぼえた文法を使ってどんどんつなげてみる

 

最初は、簡単な文章からでぜ~んぜんOKにして

言葉遊びをするつもりでやっていました

 

その中の過程で

受動態、能動態、仮定法、やや複雑な時制などの

ちょびっとむずかしめの文法も、ごく自然に必要になってくるから

そしたらまた参考書をガン読みしながら

文章をつくって長くしていく、をくり返す

 

そんなことを、最初のころやっていました

 

ちなみに

この時点では会話する練習相手はいなかったので、ぼっちでやったよ

初期は、とっても地味なのです

それでぜんぜんダイジョブなの

 



f:id:mieaquarius:20210304165428j:image

日常的に使わない例文は完全にシカトする

失敗続きだった、過去の英語学習

結果ムダ買い...になってしまった参考書も、まだ手元に数冊残ってる

【英会話】の勉強をするときに、こんな例文使うっ!!??

という、ありえない例文が、ムダ買い参考書に何個も書かれてるっ!!

オモシロすぎるのでシェアしよう~

 

 

☆科学技術が進歩したからといって、その分人類は幸せであるわけではない

☆通信手段の飛躍的な進歩で、世界はますます小さくなっている

☆読書と精神の関係は、食物と肉体の関係に等しい

☆そのことについて少ないながら私のしっているすべてを君に話そう

☆この埋蔵されていた宝物が、その島で発見された

 

 

............................なにこれ??????

 

こんなの、日常会話でいつ使うの???

今は、毎日英語を話す環境になったけれど、こんな会話したことないわ

 

まだまだまだまだ、もーっともーっっと

ありえない例文がいっぱい書いてあったけど

こゆのつくったひとのセンスって...どーなってんだろ!?

 

ま、ここまでヒドイのは、ちょっと珍しいかもだけど

参考書や、何かの例題、例文で

これは自分に必要ないな~、というものは完全シカト、どスルーしていいと

おもっています

実際、海外ドラマの生きた英語であっても自分に必要ないものは

おぼえても使わないので、どスルーしています

 

主婦のかたや、OLさんなどで、日常会話を英語でできるようになりたい

という場合は、ご自分の求める必要な英語量を身につければじゅうぶん!

わたしは

現在必要なのが、身近な相手との毎日の日常会話と

今後は、英語ネイティブ圏ではないマレーシアへの移住の可能性が高いので

その生活の中で必要そうな英語以外は、特に意識していないよ

自分に必要ないものは、やっぱり完全シカト!を貫いてます

 

 

Mie