大人のやさしい独学英語と国際恋愛

大人が英会話を独学で習得するマインドと国際恋愛 国際結婚 海外移住のこと

英語独学のやり方①~どこから取りくむか~

中学1年から完全にやり直し

英語を独学しようと決意したとき、まず1番最初におもうのは

 

"でも.....何をどうやればいいの???"

 

ってことだよね

 

海外ドラマで?映画で?それとも資格試験?フレーズ本を読む?

書店に行って参考書を手にとってパラパラとページをめくってみても

むずかしそうなものばっかりで、何を選べば良いのかわからない...

聴き流すだけの英語っていうのも、どうなんだろう?効果あるのかな...?

 

みたいな感じで

やり方、がわからないよね

やみくもに手をつけたって効果なさそうだし...

 

 

10代からずっと

ちょっと手をつけてはすぐ飽きる、という英語学習を

何度もくり返していたから

"これでもう何度目ですか~??" の再再再再英語チャレンジをきめたとき

さすがに今回は、過去の失敗パターンを振り返ってみることにした

 

首をかしげて、脳みそフル回転させて、さかのぼること数十年ぶん

 

う~ん

 

う~~ん

 

なんでだろう!?どうして~!?

 

とね、ふり絞ってみたの

 

 

そこでひねりだした自己分析によると

 

『自分に絶対的に足りないものは、きほんの文法知識だ!!!』

 

と、これが答え

...まぁ気づくの遅すぎなんだけど(笑)

 

でも文法知識がないから

フレーズ丸暗記法みたいなやり方では、言葉の構成がわからず

丸暗記した文章以外...言えません、みたいになっていたのが事実

英語って、自分で文章つくる力がないと話せない

...ホント気づくの遅すぎ!!

 

もともと、チョッピリ耳が良いという特性があって

リスニングは、そんなにトレーニングをしなくても何となくできたのと

発音だけはなぜか初期から褒められていたので

感覚的なことにばかり頼ってしまって

きほん的な学習を、すっ飛ばし続けたが故の結果が...みごとにでていた!

 

とにもかくにも

"がちょーん!あたしって文法のきほんが全然わかっていないんだ...

だから文章が作れないんだ...聞き取ることは少しできるのに

会話ができないのは文法を知らないからなんだ...!"

と気がついたときは結構なお膝カックン状態でしたわ

 

 

ならば今回は

きほんのきほん、中学1年の文法から完全にやり直そう

もぅね、アイ マイ ミー マイン から!!

さすがにこれは、いくらなんでもわかるでしょう!?

っておもうところも、絶対にすっ飛ばしをしない

ひとつも取りこぼしをしない

ときめて、やり直し英語が始まりました

 

名詞 動詞 形容詞 主格 目的格 所有格 時制

などなどもっとあるけど

こういうきほんを正確に理解していくところから

文字通りのやり直しをしたのです

 

あのとき

きほんのきほんの文法をイチからやり直したことは

今にしっかり繋がっていて

もし、あそこでまた、きほんを学ばず感覚に頼ろうとしたり

いきなり海外ドラマや映画などから英語を学ぼうとしていたら

文章構成を理解できないことに自分でイラつき

やっぱやーめた!!

と、きっとまたすぐに投げ出していたとおもう

 

中学1年からの文法なんて、気が遠くなるような道のりだよ...

と、勉強を始める前は不安になったりもしたけれど

実際は、これが1番の近道だったと、今は実感しています

 

 

なにごとも、きほんが大事

 

ピアノはバイエルから

水泳はビート版から

英語は中1文法から

 

 

.......って、なんのこと?(笑)

 


f:id:mieaquarius:20210302222323j:image

 

 

自分の特性を知る

 

何かを学ぶときに

自分の得意、不得意、向き、不向き、好き、嫌い

の傾向を自分自身で把握することは

とても大切なこと

 

英語ももちろん同じ

 

わたしの場合

文法がとにかく苦手(勉強がキライ)で、耳だけはチョッピリ良い

という特性をもっていたので

聴く、話す、ことはどちらかというと苦にならず

しかし

机の上でコツコツ勉強する、ということがとにかく苦痛で仕方なかった

 

逆に

机の上での勉強は苦にならなくて

TOEICなどのテストでは高得点をバンバン取れちゃう

試験攻略は得意

でも

いざ、聴く、話すとなるとダメ

という特性をもっている方もたくさんおられる

(過去に受験などで英語をめっちゃくちゃ勉強した方などは

文法知識はむしろ持ちすぎていて

持ちすぎた知識が会話をムダに邪魔している、ということも)

 

あと、考えすぎて言葉がでてこなかったり

 

考えなさすぎて文章にならなかったり(過去のわたし)

 

 

 

自分で、そこを冷静に判断して

どこの部分に強化が必要なのか?を見極めていくこと

が大切だなぁと感じています

 

自分に合うやり方が見つかると、ラクになるもんね

 

これから、わたしが実践したやり方を

順に少しずつシェアしていくので

もし、その中でときめくものがあったり、わくわくするものがあったら

どぞ、どぞ!ぜひ取り入れてみてね

でも

試して合わないとおもったら、どんどん別のやり方に切り替えてしまってね

 

どのやり方が合うのか?何が必要なのか?ポイントをしっかり押さえて

 

楽しみながら英語が話せるようになっていったら嬉しいよね

 

わたしもまだまだ発展途上の英語学習者

いかに楽しく続けるか?は、いつでも大きなテーマです

 

 

Mie