大人のやさしい独学英語と国際恋愛

大人が英会話を独学で習得するマインドと国際恋愛 海外移住 願望実現のこと

願望実現 潜在意識を最大活用する朝晩のルーティーン⑴

潜在意識のゴールデンタイムを知っておくとお得

 

お肌のゴールデンタイムは22pm~2am

身体の排泄機能のゴールデンタイムは11am迄

記憶が脳に定着するゴールデンタイムは就寝中

 

では

潜在意識活用のゴールデンタイムは何時?

 

はい

起床後1時間と就寝前1時間でございます!

 

こんなひとと出会いたい

こんな仕事がしたい

こんな家に住みたい

お金がたくさん欲しい

 

願うことが何であれ

潜在意識を使った願望実現は朝晩の1時間を最大活用するのが最適!

 

モチロン日中の時間もずーっと

安心してリラックスして心地よくて

波動がずっと整った状態にいられることが

理想的だけれど

通勤電車や職場にはネガティブな想念もウヨウヨと渦巻いているので

社会生活の中ではわたしたちの波動も、つい乱れがち

通勤電車では

イライラしているひとが隣や目の前に立ってるかも知れないし

職場には

イヤな上司やら意地悪な先輩やらキライな同僚などもいたりする

ネガティブな周波数というのは

結構パワフルだったりもするので

イライラや怒りや意地悪な周波数を放っているひとのそばにいると

知らぬ間にマイナスの想念を至近距離で浴びていることがある

うん...:.ヤダ!(笑)

 

しか~しながら

社会生活を営んでいると

イヤなひとやイヤな事を避けては通れない大人の事情もあるし

大勢のひとの中にうまく溶け込む術だって身に付いてなきゃ

無防備すぎてそれこそ危なかったりするし

お仕事はしていなくても

家族のいるかたなどは、自分の時間を自由に使えないなどの

ストレスもきっとあるよね

 

1日じゅう、ずっとご機嫌で心地よくいられたらそりゃ~最高だけど

そうとばかりも行かないのが、ここ地球

 

職場ですっごくイライラして

帰宅後もその気持ちを引きずってしまったりとか

外を歩いていて

知らないオッサンにいきなり暴言吐かれて恐怖を感じたり

(そしてその後怒りに震えたり)

楽しみにしていた予定が理不尽な理由でキャンセルになって

行き場のない憤りを感じたり

もうホントにいろいろ起こる!

 

そんなこんなで

毎日どんな瞬間もご機嫌でいられるということはヒジョーに少ない

 

1日の中で感情の浮き沈みと波動の浮き沈みがあるのは

ごくごく普通のことなんだもの

起こる出来事にあんまり左右されたくないけど

ちょっとばかし気分や波動が乱れたりするのは当たりまえのこと

 

ただ、叶えたい願いがあるのに

自分の波動が乱れたままで日々を過ごしていると

願望実現が遠のいてしまうという状態が長引いちゃう

 

そんな時にとってもお役立ちするのが

朝晩1時間ずつの潜在意識のゴールデンタイム集中活用

 

もはや、ここさえ整えていれば

日中ちょっとくらい波動が乱れたって

あのクソ上司~!と怒りに震えたって(笑)

どうってことない、って言えるほどとっても大切な時間

 

それが

起床後の1時間と就寝前の1時間

 

なぜ、この朝晩1時間ずつが

潜在意識のゴールデンタイムなのか?と言うと

潜在意識が最大に働くのは

わたしたちの副交感神経が優位になっている時、だから

 

起床後すぐと夜の時間帯は

副交感神経が優位な状態にあるので

潜在意識も最大限に開いている

逆に日中は交感神経が優位な状態にあるので

お仕事や学校生活など、活動的になるのは日中がベスト

この時は顕在意識の方が開いている

 

 

*副交感神経→夜間やリラックスしているときに活発になる

*交感神経→昼間や活動しているときに活発になる

 

 

この特性を利用して副交感神経が優位になっている時間帯を狙い

意図的に有効活用しちゃいましょ!ということ

 

朝は、起きてすぐのまだちょっとボーッとしている状態が

潜在意識的には最高

なので、まだちょっとボーッとしているタイミングで

まだちょっとボーッとしながらポワ~ンと良い気分で過ごす

 

良い気分、心地よい、という感情にさえなれればOKなので

ベッドやお布団の中で、まどろみながら

理想のパートナーと幸せに暮らしている感情や

楽しくお仕事をしている感情

夢の間取りのお家に住んでいる感情

お金を手にした時の感情

を、ポワン ポワ~ンと感じるのも良いし

好きな音楽をかけて幸せな気持ちになっているのも良い

 

朝は、まだちょっとボーッとしながらポワンと幸福感に包まれている

という状態であればもう最高

 

その時の良い気分が起き上がっても続くようなら

そのままの気分を継続しながら朝のお支度に取りかかる

お気に入りのお茶やコーヒーをゆっくり味わったり

朝食を食べるかたは、あ~ごはん美味しい...!あ~このパン美味しい...!

などの "今ここ" の感情をしっかり味わう

そして、気分が良い状態をキープしたまま

今日はどのお洋服を着ようかな~靴は何を合わせようかな~!

ってウキウキしながら身支度ができて

気分が良いまま自宅を出発できたら、も~う最高!

 

朝はカフェで過ごすのが好きというかたは

起きて身支度を済ませたら、お気に入りのカフェに行き

好きな飲み物やモーニングセットなどを幸せな気持ちで味わい

心地がいい、気持ちがいい、という "今ここ" の感情を全身で感じる

(この時に仕事のことなどは考えず、ひたすら心地よさに浸る)

こういう朝の過ごし方もナイス!

 

最近では、朝瞑想や朝ヨガなどを取り入れているかたも多いよう

わぉ!ステキね!

 

大切なのは、自分が最も心地よくいられる状態をつくること

その状態で起床後1時間位を過ごせていたら波動がとっても整うので

願望実現への最短距離を行くことになります

 

でももし、日によって

朝起きた直後から現実的な思考が動き始めたり

ネガティブな思考が出ていると感じるなら

なるべくすぐに顔を洗って、なるべくすぐにシャキッとしてしまい

交感神経が優位な状態になるように自分を誘導してしまう

 

朝起きた瞬間から不安や恐怖や怒りや嫉妬などの感情が出てくる時は

潜在意識にそのネガティブな思考を入れないように

あえて、自分でバサッとスイッチを切り替えてしまう

そうしないと、朝ボーッとしながら

潜在意識が最も開いているタイミングに

わざわざネガティブ感情を送り込んでいることになるので

自分が望んでいない事がドンドン現実化されてしまう

なので

あ...今日はネガティブ感情出てる!しかも朝っぱらから!(笑)

とおもったら迷うことなく

ムクッと起き上がり身体も意識もシャキッとするように

自分で行動してしまおう

毎日生きてりゃそりゃご機嫌じゃない朝だってあるんだから(笑)

そんな時は気にしない気にしない

ちゃちゃっと切り替えて活動しちゃいましょ!

 

そして夜は

暗くなった時間帯頃から徐々に副交感神経が優位になり始めるので

刺激物 (明るすぎる照明やカフェイン、お酒、ゲームなど) を

時間ごとに少しずつ控えてゆき

意図的に自分をリラックスさせていく

就寝1時間前頃の時間になったら

ムカつく上司のことや、さっき電話でケンカしちゃった彼のことや

夫婦間の意見の食い違いや、将来への不安や、お金の心配事などは

明日の日中に考えることにして、ひとまず保留に(笑)

その状態から、なるべく気分良くリラックスして心地よくいられるように

自分を誘導していく

そしてベッドに入ったら

さぁ!いよいよ!ここが本当のゴールデンタイム!

眠りにつく直前の時間で

自分にとっての最高の未来をイメージして

そのイメージの中にスッポリ入り

最高の未来が叶っている喜びの感情が出て来たら

ハイ!ドーップリとその感情に浸って数分間味わって!

(その感情のまま眠りにつけたら最高オブ最高)

 

この瞬間から、その幸せな感情が潜在意識にドバーッと流れ込み

放った願いを現実化するための方法を就寝中にガンガン検索して

最高の結果をもたらすための最短距離を割り出していきます

 

その検索結果が

フワッとインスピレーションを感じる、などの手段で

わたしたちの現実に降りて来て

そのインスピレーションに従って行動した結果によって

願ったことが現実化されるというシステム

 

これ、知っておくとお得感満載!

 


f:id:mieaquarius:20210729180321j:image

 

朝晩のゴールデンタイムにニュースを観るのは厳禁!

 

潜在意識のゴールデンタイムには絶対に避けておきたいことがある

それは

テレビやインターネットでニュースを観ること

 

ニュースは、きほん的にネガティブな要素で構成されているので

不安や恐怖や怒りを煽るものがほとんど

 

わたしは日頃からテレビはまったく観ないので

夜の帰宅後や、朝のお支度をしながら

ニュースやワイドショーや情報番組を観ることは

ヒャクパーないのだけど

もしテレビが好きで

お家ではずっとテレビをオンにしているというかたは

朝と夜の潜在意識ゴールデンタイムにだけはテレビを消して

好きな音楽を流すなどの方法に切り替えた方が良さそう

 

わたしたちが無意識に受け取っているネガティブな情報の力は

ナカナカあなどれなくて

テレビは点いているだけで観ていないと自分でおもっていても

実は耳からしっかりとネガティブな波動を受け取っているし

ネットサーフィンをしながらたまたま観た記事や写真、映像などが

しっかり潜在意識に刻み込まれている、ということも多い

 

自分では気がつかないまま

ネガティブなものを受け取って潜在意識に送り込んでいるというね

 

でも、これも

ヒトのあったりまえのしくみだから

そこに恐怖心を持つ必要はなく

今潜在意識のゴールデンタイムだからネガティブな情報は入れな~い!

って軽く考えておけばいいよね

 

 

あれ?あれれれ???

相変わらず長文になって、しかもまだ書ききれていない(笑)

 

次回また続きを書きます~!

 

 

Mie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語独学 「英語で日常会話が可能」ってどれ位を指すの?

「日常会話」の解釈はさまざま

 

前回に続き

英語日常会話習得についてまた少し触れてみましょ

 

英語に限らず外国語を勉強している場合

ビジネスをターゲットにしていなければ

挨拶→海外旅行→日常会話

の流れが一般的かな?

 

挨拶や海外旅行で使う会話の場合は

目標範囲としても、効果を実感できる範囲としても

とても明確で学習も進めやすいよね

 

それが

日常会話となると捉え方はさまざまになるから

単に日常会話が自由にできるくらいと言っても

誰と、どんなシチュエーションで交わす会話なのか?によって

必要な学習量やら、学習内容やらが変わって来る

 

なので、英会話を習得したいとおもった時は

この "シチュエーション" を自分の中で明確にしておくと

ヒジョーに学習が進めやすく

内容も絞りやすくなるので

最短距離で目標に近づいて行くことになる

 

一番はかどる学習方法としては

自分が興味のあることに英語で取り組むこと

例えば、ファッションやメイクが好きなら

そこを入り口にして、YouTubeや英語ブログを探してみる

お料理が好きなら、そこを入り口に

フィットネスが好きなら、そこから

インテリアが好きなら、そこから

旅行が好きなら、そこから

という風に、興味の対象は何でもOKだから

とにかく、楽しい ワクワクする、と感じることから入っていく

 

学校の英語学習が死ぬほどつまらんのは

英語そのものの授業のつまらなさに加えて

勉強している内容と題材がつまらんから...だとおもう

 

でもここは大人の特権を最大限に利用して

自分の好きな題材を見つけて自分の興味のあるトピックから

英会話習得を目指せばいい

今は、ちゃちゃっと検索すれば

自分の好きな題材の英語音源が簡単に探せるし

YouTubeならAIによる音声自動字幕システムも使えるから

海外ドラマと同じ感覚で英語字幕を付けて勉強することもできる

ホ~ントに最高の時代!

(但しこの自動音声システムは100%正解でない時もある)

 

自分が興味を持っている題材で英語を勉強するのと

参考書の例文で英語を勉強するのとでは

文法の理解度だってまったく変わるし

ボキャブラリーの増え方だって全然変わる

 

わたしは今、英語独学やり直しを開始してから

6~7年経過しているところだけど

きほん的には毎日日本語で生活をしていて

仕事で英語を使うこともナイという環境にいるし

自分の周囲に英語を話せる友人はいない

日本在住の外国人の親しい友人もいないの

 

そんな環境でも

日本で自分で勉強をして

一般的に 「日常会話が可能なレベル」と言えるところまでは到達した

 

その感想として1つだけ言えることは

 

英会話をむずかしく考える必要なんてまったくナイ!

本当にナイ!

 

ということ

 

学校教育で植え付けられた "お勉強" のことなんて

今すぐに忘れてしまおう

中学校3年間の基礎文法と

なるべく豊富なボキャブラリーを身に付けて

聴く、話す、ことに慣れて行けば

英語での日常会話は困らずできるようになる

 

そもそもの 「日常会話レベル」なんていう定義は

いっそ自分で決めてしまえばいい

 

 

もしお望みがあれば

身に付けた英語力で

外国人の恋人を作ることもできる

国際結婚だってできる

海外移住だってジューブンな射程圏内に入る

 

できない、ではなく

できる、という方向を自分でしっかり見ること

 

わたしは日本で生まれて日本で育って

英語に特化した教育は人生のどの段階でも受けていないよ

英語の本格やり直しに着手したのは

40代に入ってから

 

特別なことなんてな~んにもしていない

 

わたしにできたことが

他の誰かにできないなんてあるワケがない

 

自分が目標とする英会話のシチュエーションを

イメージの中で明確にして

最短距離でそこにむかって行けばいい

 

*今現在具体的にどれ位英語が話せるのか?はコチラ

↓ ↓ ↓

mieaquarius.hatenablog.com

 

周5日フルで働いて(学習当時)

外国人の親しい友人もいなかった

仕事で英語を必要とされることもない

帰国子女でもない

 

この条件でも英会話は身に付いた

 

コツさえ掴んでしまえば

な~んにもむずかしいことなんてナイ!

ホントにナイ!

 


f:id:mieaquarius:20210728161314j:image

 

オンラインレッスンで落ち込む必要ナシ

 

オンライン系で英語を勉強しているかたの中には

レッスンの英語が聞き取りづらいと感じているかたも

多いかとおもうのだけど

まず!まずね!

機械を通した声が聞き取りづらいのは当たりまえ~ってことを

理解しておこう

わたしたちは、目の前にいる相手と直接会話をする時

空気振動で相手の声 (英語) を聴いているから

その時の可聴ヘルツは最大限にある

なので、細かな発音の違いやアクセントやイントネーションの違いを

自然な形で耳に入れることができる

 

でも、機械を通した声 (英語) は

可聴ヘルツ領域が上下共にググッと縮まってしまうので

細かい発音の違いやアクセント、イントネーションの違いを

聞き取ることはできない

 

こればっかりは、ど~しても仕方がないことなので

自分で一生懸命英語を自主練して

さぁ!それを試そう!とおもっても

いざオンラインで外国人と会話してみると

自分の英語が全然上達していないように感じてしまったり

自分がおもっていたほど英語が話せない...という状況になりやすい

 

しかし、ここで落ち込む必要はナシ!

 

オンラインレッスンで英語が聞き取りづらく

会話の流れもスムーズに行かないような気がするのは

それは、オンラインなのだからであって

実際に同じ空間で目の前にいる相手とは

勉強した成果、自主練した成果は

ちゃーんと感じられるからダイジョブだよ!

 

わたしは今

マレーシアに住むフランス人男性と超遠距離恋愛中で

コロナ禍によってお互いにまだ海外渡航ができないために

コミュニケーションは毎日

ネット回線を介した通話かビデオ通話を利用しているの

 

オンライン英語レッスンは受けていないけど

彼との通話で、機械を通した声 (英語) が

どれほど聞き取りづらいか、を毎日実感しています

あまりに聞き取りづらくて

初期の頃は

自分の英語がまだまだなんだ...と落ち込んでしまったのね

その時に自分で調べて

機械を通した可聴ヘルツ領域のことを知ったの

あ!そーなんだ!そんな理由がちゃんとあるのね!とわかって

ムダに落ち込むことをやめた(笑)

 

オンライン化は本当にとーっても便利なことばかりだけど

語学学習に最適なのは

やはり相手が同じ空間で目の前にいるという状態

 

とは言え

これは、今は仕方がないことだよね

この環境の中でできる限り楽しく英会話を身に付けられるよう

自分に合った工夫をしながら

「できる」方向に向かって行こう

 

英語日常会話は、あっという間に習得できてしまうよ!

 

 

Mie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語独学 アラフォー以降での英会話習得は楽勝

英語日常会話のハードルは意外と低い

 

大人世代で

英語が話せるようになりたいとおもっているひとは多い

 

「日常会話レベルでいいの」

「海外旅行で困らない英語力を身に付けたいの」

「外国人とコミュニケーションが取れるくらいでジュウブン」

 

というような声をよく耳にする

 

うん、わかるわかる!

 

英語を使ってバリバリ働きたいとか

ベラベラになりたいとか

そこまでは望んでいないけど

英語がチョット話せたらいいな、っておもっていて

ビジネスマインドからではなく

もう少し軽やかな「英語が話せるようになりたいな~」という気持ち

 

とってもよくわかる!

 

そんな願いを持つ大人世代への朗報をここに(笑)

 

「はい、その希望は叶います~!」

 

わたしは10代でも20代でも30代でも

英会話を身に付けることはできなかったの

でも、40代の今

日常的に外国人と英語でコミュニケーションを取ることが可能になって

毎日英語を話す環境にいます

一般的にはとても有利とされている若い世代の頃には

失敗続き、黒歴史ざんまいの英語学習をくり返すばかりで

英会話の習得なんて全然できなかったのに

ナンデ40代で英語が話せるようになったのか?の深い理由は

正直自分でもよくわからない(笑)

 

ここはひとつ、40代に入ってチョビッとお利口さんになった

ということにしておきたい

お利口さんになった、というのは

学力がついた、ということではなくて

必要なことを見極めることと不要なことを排除することが

少しできるようになったという意味

 

40代で始めたほぼ独学での英語やり直し学習

実はそんなに大変な努力をしたわけではなく

猛勉強をしたわけでもない

むしろ、やることを絞って

必要最低限のことだけ勉強した

 

本当にそれだけ

 

 

じゃ~ナゼ30代までの英語学習は失敗続きだったのか?は

 

☆自分に合った勉強法が見つけられなかった

☆勉強のやり方もわからなかった

☆きほんの文法学習をすっ飛ばした

☆映画や海外ドラマなど難易度高いものに手を出しがちだった

☆耳だけを頼りに英語を覚えようとした

☆段階的に学習を進めなかった

☆とにかくアホだった

 etc.....

 

たぶんまだ他にもいっぱいあるとおもうけど

自分でおもいつく失敗要因はこんなとこ

 

その中でも特に大きな要因だなと感じるのは

英語の基礎を理解していなかったこと

学習を段階的に進めなかったこと の2つ

 

自慢ぢゃないけど

勉強はキライだし苦手、で人生ずっと過ごしてきた

だから学校生活なんて苦痛でしかなかったし

授業中もずっとボケーッと外の景色ばかり眺めていて

先生の話はまるで聞いていなかった

子供の頃からずっとそう(笑)

だから当然、学校を卒業してからも

勉強のやり方が身に付いていなかったし

段階的に学習を進める、ということもわかっていなくて

英語の基礎構造も理解していないのに

フレーズ丸暗記とか、海外ドラマで生きた英語を学ぼう、とかの

勉強法に手をつけては

効果を感じられずすぐに飽きる、のくり返しでね

 

今ふり返ると、無謀としか言えない学習方法にばかり

手をつけていたな~(笑)

 

40代に入って

今度こそは絶対に英語を話せるようになる!

という決意(?)のもとに取りくんだのは

中学1年からの文法やり直し

中学英文法を取りこぼしなくマスターして

単語を覚えて

リスニングを強化して

アウトプットを強化して

外国人と英語だけでコミュニケーションが可能になるまでに

かかった期間は約2年

この2年の間に何を血迷ったのか英検受験にもチャレンジしてしまい

この試験勉強に費やした時間だけは

ちょーっと勿体なかったかな~とおもうけど

そこを除いては

ムダなことはせず、むずかしすぎる勉強もしなかった

 

それでも英会話は身に付いた

 

イヤ...むしろむずかしすぎる勉強をしなかったから

英語を "話す" ことが可能になったとおもっているの

 

自分の周りで英語を勉強しているひとや

電車やカフェで英語学習をしているひとを見かけると

どんな勉強をしているのかな~?という興味が出て

ついチラッと覗き見をしちゃうの (一瞬だけね)

そしてものすごく驚く

だってみんな とってもむずかしい参考書を使っているから

 

え???

こんなにむずかしい参考書をつかっているとゆーことは

よっぽど英語ペラペラなのかな?と一瞬おもうけど

わたしの経験上からの見解としては

そういう方たちの大半は ほとんど英語が "話せない" という実情

 

大きなお世話ってわかっちゃいるけど

そんなにむずかしい参考書を使って

英語の問題ばかり解いていると

紙の上でできること (勉強) と

実際に会話ができるレベルの差がドンドン開いてしまって

その差が埋まらなくなっちゃうよ...?

そうすると、TOEICのスコアや英検の合否ばかりに

重点を置くようになってしまうよ...?

英語が話せるようになりたいなら

そのむずかしい参考書はひとまず閉じてみてはどう...?ってね

 

ホ~ント大きなお世話ってわかっちゃいるんだけど

つい、ね

そうおもっちゃうんだよ~

 

(*モチロンむずかしい参考書を使っている方の中には

お仕事上の都合でTOEIC〇〇〇点以上必要などの理由がある場合も

多いとおもうので

みんながみんな 「英会話習得」を目指しているのではないよね

お仕事上や転職活動のためのスキルとして

英語を勉強されている方が

TOEICの点数を重要視するのは当たりのこと

そのための勉強に尽力されている方に対しては

スゴイね!頑張ってね!って心からおもっています)

 

 

「大人世代の英会話習得は楽勝!」

 

本当にそうおもっています

ましてやビジネス目的ではない日常会話なら

ちょっとコツをつかめば

サクサクッと話せるようになる

日常会話のハードルは案外低い

 

わたし自身も英語はビジネス目的ではなく

ただ単に英語が話せるようになりたいという

至極シンプルな動機からの取りくみだったよ

 

中学校3年間の基礎文法をしっかりマスターすれば

日常的な英語での会話に困ることは

ほとんどなくなります

あとは

慣れ、の部分がとっても大きいから

聴き慣れる、話し慣れるための練習はしっかりやる

その上で怖がらずにトライしてみると

コミュニケーションはちゃんと成立する

 

あとね、大人が英会話習得を目指すとき

ネイティブ信仰は手放そう

これはね、持っていると相当キツイ

日本人はどういうわけか、ネイティブという言葉にとっても弱くて

やたらにネイティブ推しが強い

でもね、全世界で英語を話す人口のうち

英語ネイティブって全体の約40%なんだよ

他60%は英語ネイティブ国ではないひとたちが

第2言語、または第3言語として英語を話しているという事実

ということは、わたしたちが英語を学んで

実際に会話する相手も英語ノンネイティブという可能性の方が

英語ネイティブと会話するよりも高いということ

 

わたしたち日本人もそうだけど

英語ノンネイティブの方たちの話す英語はとてもシンプルだし

発音もそれぞれの母国語のアクセントが(強弱はあるけど)残っている

日本でよーく見かける

「ネイティブはこう話す」「その英語ネイティブには通じない」

などのうたい文句にばかり気を取られても

英語ノンネイティブと会話をする時に

「その英語ノンネイティブには通じない」なんてことが容易に起こる

それに、英語ネイティブの話すスピードは最速で

バリエーション豊富な表現をするし

同じ単語や言い回しを何度もくり返すことを好まないので

よほど子供の頃から英会話に触れているとか

学生時代に長期留学経験があるなどの条件下にいない限り

日本人の大人がネイティブ英語を習得するのは

世界最高峰の頂 (キリマンジェロ...とか?) を制覇するのと同等レベル

とおもっていい

 

もし、絶対にネイティブ以外とは会話しない!という

強固な意思と決意と理由があるなら別だけど

そうでなければ

ネイティブ信仰はなるべく早めに手放してしまおう

 

もいっこ言うと

わたし自身が毎日英語を話す相手はフランス人の彼で

当然彼もわたしも英語ノンネイティブ同士

彼と出会う前

日本国内で英語を話すチャンスがあった時も

会話する相手は

70%くらいが英語ノンネイティブの方たちでした

海外旅行で英語ネイティブ国ではない国を訪れても

使うのは共通語である英語

 

これらの経験から

わたしは早い段階でネイティブ信仰はパパッと手放していたの

このことも

英語を最短距離で習得することに

ひと役買ってくれたとおもっているよ

 

中学英語のやり直しから始めて

どのように学習を進めて行ったのか

どの教材を使ったのか

リスニング、スピーキングの学習のコツなどを

2021年3月の投稿

「英語独学のやり方①~⑮」で

学習項目ごとにすべてまとめてあるので

英会話習得に興味のある方は読んでみてね↓↓

mieaquarius.hatenablog.com

 

あとね、あとね~!

 

大人世代のみなさん!

 

「もう若くないから...」

「脳ミソが退化してる...」

「記憶力が...」

「オバサンだから...」

「覚えられない...」

「時間がない...」

 

↑こゆの、ゼーンブいらんから!

ホントにいらんから!

 

アラフォー以降の英会話習得は楽勝!

 

自分で 「楽勝」っておもっていれば

その気持ちが現実になるよ~

 

楽しもうね!

 


f:id:mieaquarius:20210725204327j:image

 

大人気ユーチューバーChiakiさんの英語について

 

イギリス在住、元外資系CA、Theキラキラ女子の

ユーチューバーChiakiさんって知ってる?

わたしがChiakiさんを知ったのは一昨年のこと

サムネイルからガシガシに伝わってくるキラキラ女子感が

キラキラすぎて最初は素通りしていたんだけど

 一度チャンネルを観てみたら

ご本人は やや天然気味のチャーミングなお人柄でイヤミがなく

とても可愛らしい女性だった

なので、チャンネル登録をして過去の動画をたくさん観てみた

 

Chiakiさんはアメリカのカレッジ?を卒業していて

イギリスの航空会社にCAとして就職なさり

アメリカとイギリスを合計すると12~13年ほどは

英語ネイティブ国で暮らしている計算になるよう

 

イギリスではお仕事を含め英語メインで生活されていて

同棲している おフィアンセのニックさんとの会話も当然英語

ニックさんのご家族、ご自分の同僚、友人、との会話も

基本的にはすべて英語で交わしていらっしゃる

 

わたしはここにとーっても興味津々だったので

Chiakiさんが英語を話す動画を探しては観る、探しては観る、を

何度もくり返していたの

 

大人気ユーチューバーだから

チャンネルを観たことがある、という方も多いとおもうのだけど

・長期留学経験あり

・英語ネイティブ国在住歴10年以上

・元外資系CA

・彼氏 (現在はフィアンセ) はイギリス人

そんなChiakiさんの英語力

YouTubeの検索画面(虫メガネマーク)にChiakiと入力すれば

チャンネルはすぐに見つかるので

ぜひ観て、そして

聞き取れる方はChiakiさんの英語をじっくり聴いてみて

*ちなみにイギリス在住の方なので

チャンネル全般を通して英語はブリティッシュアクセントです

なので、慣れないとちょっと聞き取りづらいかも

 

わたしが聴いている限り

Chiakiさんの英語はとってもシンプルで

むずかしい言い回しや、むずかしい単語は

会話の中では ほとんど使っていません

 

たぶん、文法範囲としては

それこそ中学3年間の文法で収まっているようだし

よく聴いていると

文法的な細かいミスも多いです (ディスってないよ)

 

英語を話し慣れておられるので

発音、というかリズムが英語らしく聴こえます

この部分は

ご本人がそのように意識して話されているのではないか?と

おもいます

 

元CAというキャリアをお持ちなので

機内での英語は確実にトレーニングされているのだと予測するけど

プライベートのシーンで話されている英語では

複雑な表現は ほとんどなく

話と話の接続の仕方もとても日本人っぽいという感じで

ネイティブが彼女の英語を聴いたら

間違いなくノンネイティブの話す英語

と分類されるでしょう

 

でも、それで全然いいとおもうの

 

彼とも、お友達とも

英語でちゃんとコミュニケーションが成り立っているんだもの

ネイティブみたいじゃないからって

それが何なの?とおもう

 

Chiakiさんの英語に関しては

ネガティブな意見も多くあるようで

一度どこぞのアメリカ人が

彼女の英語をチョット...ディスっている動画をうっかり観てしまって

ものすごく気分が悪くなった

 

外国語を話す時に大切なことは

通じているか?

コミュニケーションが成立しているか?

ということなのに

わざわざ動画上げて批判する必要なんてある!?

何あの性格極悪アメリカ人男!

しかもその上

自分が主宰する英会話オンラインレッスンなら

ネイティブの綺麗な英語の発音が身に付きますよ~!

とか言っちゃって

自分の英会話の宣伝をするために

ひとの英語をディスるなんて最悪!

バカモンが!出直して来い!

 

あ、今一番性格悪いのは...あたしか(笑)

 

えーっっと、気を取り直して

 

Chiakiさんの見習うべきところは

とにかく躊躇せずに英語を話すところ

言いたいことはご自分の知っている範囲の英語で話す

目についたもの、おもいついたことを

心にしまう様子なく

とにかく英語で言葉にしている

 

短いセンテンスでもご自分の言いたいことは話していて

会話をしっかり成立させているので

見習うべきところがたくさんあるよ

 

ただね...ここ最近の動画

特にCAを引退されてからの動画が...

ちょっと傾向が変わったっていうのか...?

なんと言うか...

うーん、現役CAの時の方が楽しい動画が多いな~という印象

あと、ちょっとプロモーションが多いから観づらいことも...

ま、これは単に好みの問題かも知れないから(笑)

英語が話せるようになりたいとおもっている方は

ぜひ一度Chiakiさんのチャンネルを観てみてね

 

きっと何か参考になるよ

 

 

Mie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願望実現 " 無意識と本質" は自分の月星座で確認する

感性 潜在意識 本質 は月星座に表れている

 

占星術アストロロジー、星読み

そんな呼び方が最近では一般的になっているのかな

とっても馴染み深い 「星占い」という分野

 

あなたは何座?と聞かれた時に

パッと答えられるのは太陽星座だよね

テレビや雑誌の星占いは太陽星座の運勢を読んだもので

毎日、占いをチェックしてるという人も一定数いるみたいだし

自分の星座を聞かれて答えられないひとは

ほとんどいない、と言ってもいいかもね

 

では、月星座って言葉は聞いたことある?

 

自分が持っている星座って

太陽星座だけではなくて

月星座、水星星座、金星星座、木星星座、火星星座...etc

生年月日と出生時間と出生地から割り出せば

それらすべてを把握することもできる

 

ここでは

太陽星座と月星座のことだけ少し触れるね

(わたしもそんなに詳しいワケではないんだけど)

 

まず、太陽星座というのは

自分が生まれた時に太陽が滞在していた星座、のことで

太陽星座が示すものは

生涯のテーマや、男性性、思考、の部分

イメージ的には "自分のオフィシャルな顔" っていう感じかな

 

そして、月星座というのは

自分が生まれた時に月が滞在していた星座、のことで

月星座が示すものは

女性性、感性、潜在意識、本心、の部分

こちらは

イメージ的には "自分のプライベートな顔" っていう感じだね

 

女性は特に

月星座の影響を受けている部分が大きいらしいので

自分の月星座を把握しておくことは

とっても有効なことだとおもう

月星座はわたしたちが本来持って生まれた魅力や才能も

指しているので

やっぱりここはひとつ自分の月星座は知っておきたいとこ

 

ご自分の月星座を調べるのはとってもカンタン

「月星座 調べる」と検索すれば

無料のサイトがたくさん出てきます

そこにご自分の生年月日と出生時間を入力すれば

数秒で割り出すことができます

太陽星座の割り出し方と違うのは

出生時間の入力が必要というポイント

ただし、明確な何時何分!という必要はなくて

だいたい何時頃に生まれた、というくらいでOK

(親御さんに聞くか母子手帳で確認するのが一般的かな?)

数時間程度のズレは特に問題ないそうです

 

ご自分の月星座がわかったら

その星座の特徴、という記事がたくさん見つかるとおもいますので

それを片っ端から(笑)読んでみてね

 

前回の記事で

自分の本質を知るために

何かのツールを使う方法もある、と

書いたのだけど↓↓

mieaquarius.hatenablog.com

わたしが使ったツールと言うのがコレ

自分の月星座が示す潜在意識、本心、の部分を把握することで

自分がうっすら感じていた自分自身の性質や本質

家族やパートナーシップ、親しい相手との関係性の傾向を

心底納得して知ることができたの

 

わたしの太陽星座は水瓶座

水瓶座の特徴としては

自由を愛する博愛主義者で

束縛されることを嫌うとか

人間関係もドライで理性的とか

恋愛も基本的にクールとか

そんなことが言われている

 

でも、わたしの資質としては

密接な人間関係を好むし

広く浅くの関係は苦手

大勢のひとと関わることも苦手で

1対1の関係を好む

嫉妬深くて独占欲も強い

一途で浮気や裏切りは許さない (怖ぇ~わ)

 

こんな気質に自分で戸惑っていた

 

水瓶座の特徴に全然当てはまっていない...

恋愛や人間関係の傾向なんて特に水瓶座の特徴に当てはまらない...

 

なんでや!?

 

そうおもっていた時に月星座のことを知って

試しに自分の月星座を調べてみたら

わたしの月星座は、蠍座だった

 

月星座 : 蠍座 の特徴、を読んでみると

んまぁ~っ!おもしろいくらいに自分に当てはまっていて

目からウロコがボロボロ落ちまくった

特に恋愛の傾向なんて蠍座そのもの!

そ...そっかぁ...!わたしの本質、気質って月星座に表れていたんだ!

これを自分で把握した時、とっても気持ちがラクになった

 

オフィシャルな顔とプライベートな顔

 

ここを根本的に別物として捉えるのかぁ...!

 

確かに

仕事をしている時や

社会生活の中のわたしは水瓶座の性質があるけど

恋愛や家族関係、人間関係なんかは

完全に蠍座の性質

 

オフィシャルな顔→社会生活を営むわたし

プライベートな顔→自宅でのわたし

 

として考えると、納得!納得!

 

納得しすぎて

自分の膝を割れる寸前までバシバシ叩いたわ

 

それ以降

自分は基本的には蠍座の気質が強い!とおもっています

 

前回の記事にも書いたけれど

日頃からリラックスして安心して心地よい状態をつくることで

自分の本質はポツポツと見えていたけど

月星座を把握したことにより

最短距離で、自分の気質、本質、潜在意識、の部分を

知ることができました

 

月星座の他には

マヤ暦や数秘術などでも

自分の本質、気質、潜在意識などを知ることができるようです

この2つも確認してみたけれど

わたしは月星座が自分に1番しっくり来たので

そちらを自分に採用しています

 

マヤ暦も数秘術

検索をすれば生年月日からカンタンに割り出せるので

興味がある方は、ひと通り確認してから

ご自分がしっくり感じるものを選んでみてね

 


f:id:mieaquarius:20210721175249j:image

 

占いに振り回されるのは本末転倒

 

自分の資質、気質、本質を知るために

月星座の把握はしたけれど

運勢や占い、という意味では

星座別星占いや他の占いなどの確認はしていない

 

大きな天体の動きはその年や季節ごとに確認しているけど

水瓶座の今年の運勢は?今月の運勢は?

蠍座の運勢は?とかね

そういうものはチェックしていない

天体が地球に与える影響として捉えて終わり

というスタンスでいるようにしています

 

過去には

占い大好き!だったし

風水や姓名判断に執着したこともあった

 

なぜなら...

20代~30代の人生が地獄級にキツかったから...

どこかに救いが欲しくていろんなモンを試した

 

いろんなモンを試した結果

人生を好転させられるのは自分の意識以外にはない、って

心からわかった

 

だから、運勢などは

あまり気にしないで生活しています

 

過去に経験しているからこそわかることだけど

ハマり過ぎると

自分の人生をすべて占いに委ねてしまいそうになる

でもそれは、とってももったいないこと

 

わたしたちは

いつからだって、どこからだって

自分の未来を自分の意識でつくって行くことができる

 

そのことをいつも忘れずにいたい

 

 

Mie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願望実現 心を精査して自分の本質を知る

叶うのは心から望んだ願いだけ

 

自分の本音、自分の本質

これを自分自身で理解していないことって多い

モチロンわたしも数年前まで全然理解していなかった

 

今は、自分の内側を深く見つめることが普通のことになったけど

数年前までは自分が本当はどういう人物(?)なのか

まったくわかっていなかった

 

心の奥深くで何を望んでいて

何を望んでいないのか

本当は何が好きで

何が嫌いなのか

やりたいことは何なのか

やりたくないことは何なのか

何が得意なのか

何が不得意なのか

どんな人間関係を好むのか

どんなパートナーシップが心からの望みなのか

どんな働き方をしたいのか

お金への価値観

 

こういうことを、自分の本質部分で知るということが

全然できていなかった

 

わたしたち日本人

特に日本人女性は

相手に同調すること、相手を受容すること、がとっても得意

見方を変えれば

子供の頃からそのように教育されて来ている、とも言えるしね

良く言えば とっても優しい

"優しいこと" は 日本人女性が誇るべき素晴らしい気質の代表格

優しさ、と、協調性、が、これからの世界で

とっても重要になって来る、と言われているし

それを携えている日本人女性が

世界で果たす役割がかなり大きくなる、というのは

数年前からスピ系界隈ではずっと言われていること

だから、この部分は わたしたち大切に持ち続けていたい

 

ただ、同調力と受容力に長けていることが

別の角度から見ると、自分がない、とも言えてしまうし

自分のことをよくわかっていない、とも言えてしまう

でもさ、これは仕方ないよね

わたしたちって 強すぎる自己主張や集団からハミ出すことを

まるで "悪" かのように植えつけられて育って来たんだもん

自分のことがよくわかっていない...ってことくらい

ちょっと大目に見てよ、って言いたい(笑)

"自我を眠らせること" を ずーっと強いられて来たんだからさ

 

しかしながら

願望実現、という視点で捉えた時

自分のことがよくわかっていない、というのは

チョット...いや、かなりのデメリットポイント

 

と、言うのは

潜在意識 イコール 深い深~い心理部分のこと

もっと言うと、無意識、の領域のこと

 

だから、ここ (自分の深層心理) を自分で理解していないと

いくら意識の使い方のテクニックを学んで

セオリー通りに願望を投げてみても

自分がその願望を心の奥深くでは真に望んではいなかった場合

その願いはどれだけ待っても現実化することはない

 

理由はシンプル

 

「本心ではそれを望んでいないから」

 

おっと!こりゃ大変!

 

だから

まず、自分が何か叶えたいことがある時

それが本当に自分の心の深い部分から望んでいることなのか?

誰かの目を気にしたり

世の中の平均、普通、からハミ出したくないからなのか?

年齢や世間体、という視点から

これくらいのことは手に入れていないと...

これくらいの生活水準でいないと...

これくらいの収入がないと...

彼氏がいないと...

結婚していないと...

親に孫の顔を見せてあげないと...

などという

実は自分軸からズレている望みを

自分の本心、本音、のように錯覚しているだけなのではないか?

そこを見極めて行くことが

とっても大切な

願望実現の1歩なのだということ

 

ここを押さえておきたい

 

例えば

彼氏が欲しい、結婚したい、パートナーが欲しい

と おもっている、としても

それが実は

「そうおもっている、と おもいこんでいる」という

メチャクチャややこしい構図ができていることがある

 

この例え、伝わってる?(笑)

 

んーっっと、別の例えね

バリバリお仕事して、自立して、カッコいい女性でいたい

と自覚できる意識 (顕在意識) ではおもっている、としても

実は

「そうおもっている、と おもいこんでいる」という

ややこしい構図が.......って、例え話同じかいな...(苦笑)

 

要は

「自分が本心で望んでいないこと、に 自分が気づいていない」

って構図ができ上がっている、ってことね

 

常識や社会通念から

そう、おもいこまされている、って可能性が

結構多いんだってことを知った時

プチ衝撃だった

 

え???

これって、わたしの本当の望みじゃなかったの...?

 

ここに驚くひと多数

 

かくいうわたしも

自分の本質ではない系の願望を持っていた時期はある!

 

THE わたしの本心ではなかった願い!4選

 

①素敵なパートナーと出会ってお互いを尊重しながら

 束縛し合わない関係をつくる

②英語を使ったお仕事をして外国人に日本の文化を伝えたい

 英語で社会貢献をしたい

③年収を〇〇〇〇万円にしたい

④たくさんの友人に囲まれてワイワイ楽しくしていたい

 

これらは数年前の例えだけど

自分の本音、本心

つまり自分軸から完全に外れた願いで

自分がいかに世間的な価値観とか

こういう願いがフツーだよな...という視点でいたのか?が

今はよくわかる

 

本心のわたしは

束縛し合わない大人風の恋愛なんて望んでいないし

自分の本質のパートナーシップの望みはそこではない(①)

英語を仕事にしたいとか英語で社会貢献したいとは

本心ではおもっていないのに

英語を習得するためにそれっぽい理由が欲しいから

仕事にしたいとか社会貢献とか

それっぽい理由をこじつけている(②)

自分では想像も実感もできないような金額なのに

願望を出せばお金が手に入るとおもいこんでいる

または、お金の願望は出すべきだとおもいこんでいる(③)

友人知人が多いほど人生が充実するとおもいこんでいる

でも実際は大勢のひとと関わることは苦手(④)

 

こんなだよ(笑)

 

自分の本質に沿っていない願い事が

まれに叶うこともあるけれど

叶うのは短い期間だけで

すぐに、何か違和を感じ始める

 

あれ?何か違うぞ...?

何か...心地よくない...

 

そのように感じたら

それは潜在意識からの 「そっちじゃないよ~!」のサイン

 

多様性、って言葉を最近よく聞くようになったけど

世界は本当に多様にできている

 

恋愛も、結婚も、お金も、仕事も、人間関係も

誰かと同じである必要なんてまったくない

わたしたちは

自分を心から満足させて

自分をうんと幸せにしてあげればいい

 

そのかたちが、他の人と少し違っていたら

おぉ!これが自分の本質!って

うんと慈しんであげましょ

 


f:id:mieaquarius:20210720103723j:image

 

1人の時間を持つことの大切さ

 

いざ、自分の本心、本音、本質

心の深いところを自分で知ろうとおもっても

中心部にたどり着くまでには

多少時間がかかるとおもっていても良いかな

 

わたしたちの深い心や本質は

何重構造にもなっていて

自分の中心核を見つめるのは

タマネギの皮を1枚ずつ剥いていくような作業が必要

なんて例えられていたりする

 

これが本心だとおもっていたら

さらに深いところにまた違う感情があった、とかね

よくある

 

いつも誰かと一緒にいたり

心がザワザワしていたり

ストレスの多い環境に身を置くことが多い場合

どうしても自分1人の心の中を

じーっくり見つめること、じーっくり向き合うことは

むずかしいかも知れない

 

自分をよく知るために

わずかでも自分1人の時間をつくることはとっても大切

 

ひとり暮らしで

自分の時間がタップリあったとしても

テレビやインターネットからの情報を追う時間が

生活の大半を占めていたら

意識は自分の内側にはまったく向けられていないまま...

だから、その時間を少し減らして

情報を遮断する時間をつくることが必要

 

1日のわずかな時間

頭の中をカラッポにしてみることから

始めてみよう

 

考える、のでなく、感じる

 

左脳的思考をいくら駆使しても

頭で考えたことは自分の本質からは遠い

 

ボーッとする時間を持つのって

慣れていないとナカナカできないんだよね

 

わたしも、左脳的思考の強いタイプだったから

考えるな、感じろ!とか (ブルース・リー?)

頭をカラッポにしろ!とか言われても

最初は全然できなかった

瞑想をしてみようとおもっても

座って深呼吸をしたら、すぐに思考が動き出す...

なんてしょっちゅうだったし

ぶっちゃけ今でもそうなので(笑)

瞑想はしていない

 

むしろ、目を開けて

景色を眺めている方が

頭カラッポのボーッとした状態をつくれるから

わたしはそのようにしているよ

 

その状態から

自分が好きなこと、心地よいと感じることを

日常の中にたくさん取り入れていく

そうすると

不思議なことに自分の本質の部分が少しずつ

顔を見せてくれる

 

あ、こういうことが楽しいんだ

あ、こういうことが好きなんだ

あ、こういう環境が心地いいんだ

 

こんな感じで眠っていた "感情" が

ポンッポンッと現れて来る

 

それを1つずつ大切にしていく

 

 

自分の本質を知る手段として

何かのツールを使ってみるという方法もあるから

次回はそのことを書いてみるね

 

 

Mie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆるゆる雑談 飲んだくれライフに終止符を

20年続けた飲酒生活にオサラバ

 

こんな時が来るだなんて おもってもいなかった(笑)

ずーっとお酒を楽しみながら

永遠に たしなんでいられるんだとおもってた

 

毎日チョットのお酒で気持ちよーくなって

ホロ酔い気分で

あぁ幸せ...!って言いながら

10年後も20年後も

ずっとそのままでいられるもんだとおもってただよ...

 

20代の中頃から

ほぼ毎日 軽い晩酌をする習慣があってね

たくさんの量は飲まないけど

缶チューハイ1本とか ビール1本とか

ワインをグラス1~2杯とか

ここ5~6年はハイボール命!になっていたけど

ほぼ毎日、缶1本程度のお酒で晩酌をしていましたの

 

お休みの日のお昼にお酒を飲むのも好きだったから

自宅でお昼ごはん & ハイボール1本とかね

そんなことも よくやってた

お昼に飲んだら 夜の晩酌はしないので

毎日1本、せいぜい2本 程度の量で

ほろ酔いになって、フニャフニャになって

あ~幸せ!っておもってた

 

それが...去年あたりから

イキナリ!飲酒量が増えて

1本じゃ足りないな~→2本でもチョット足りないな~

→3本行ってまえ!という感じで

あれ?どうしちゃったんだろう?

お酒が強くなっちゃったのかな?

コロナ禍で

自宅にいる時間が以前よりも増えて

やることもないしヒマだから

ついつい飲んじゃって

お酒強くなっちゃったのかな~???

などとノンキにおもっていた

 

実際、コロナ禍で

自宅にいる時間が増えて太ったとか

お酒の量が増えた、なんて話を

みんながしていたし

わたしも同じだ~!程度の気持ちでいたのね

 

でもさすがに

これは飲みすぎじゃないかなぁ...?

明らかに何かおかしいぞ...?

という感覚は

去年から今年にかけて、じ~んわりと持ち始めていた

 

そっか!

それなら毎日飲むのをやめればいいんだ!なんておもって

週に数回の飲酒にしてみても

1回の酒量がそのぶん増えるだけで

毎日飲まない意味なくない?と

無事に振り出しに戻って また毎日飲む

でも、毎日飲むと罪悪感にかられて

ヤッパこれはダメだ!

せめて週3~4回にとどめておこう!と決意する

しかし数日後には

やっぱり毎日少しならダイジョブじゃない?と

自分に激甘になって

結局毎日お酒飲んでる...みたいなことを

この1年くり返しておりましたの...オホホ

 

でもさ

な~んか変だな...とはおもっているのよ、自分でも

歯止めが効かなくなっている感じというか

理性でコントロールできなくなってる感じというか

あっれ~?おかしいな...なんか変だぞ...と

おもっていたの

 

それに わたしはこのまま行けば

マレーシアへの移住が確実なのでして

移住の前には

お酒はやめておいた方がいい、ということも

気になっていた

(*マレーシアは厳格なイスラム教のお国なので

 お酒の販売は厳しく、なおかつとっても高い)

マレーシア在住の彼は

去年ストレスで酒量が増えてしまい

その結果、胃腸を壊し 懲りたようで

「僕はもうお酒は飲まないよ...」という言葉と共に

本当にピタッとお酒をやめてしまった

 

あ...彼の方が先に飲酒卒業しちゃった!

わたしも今のうちからやめておいた方がいいよなぁ...

とはおもうものの

長年染み付いた習慣飲酒というのは

ナカナカに離れがたい

 

やめようと決意する→2~3日するとまた飲みたくなる

→飲酒は週に3回程度にしようと決意する→飲む

→次の日も飲みたくなる→飲んじゃう

→振り出しに戻る

 

この無限ループから抜け出せなくなっていた

 

 

そんな時

オリラジ中田あっちゃんのYouTube大学で

お酒の害に関するテーマを取り上げているのを

たまたま観た

 

観始めて、怖くなって(笑)

1回では観終わらすことができずに

午前、午後、夜、と 数回に分けて観ました

だって、内容が怖かったから(笑)

いくつか自分に当てはまっていたし

 

(お酒を楽しく飲んでいる方も

たくさんいらっしゃるとおもうので

詳しい内容の言及はここでは控えるね

触りだけ、ちょこっと↓)

 

長年習慣飲酒を続けて来た場合

健全な飲酒年数は20年まででフィナーレを迎え

20年以上経つと、とたんにアルコール摂取量が増えて

自分の意思では量をコントロールできなくなってしまうので

ここでキッパリやめるか

飲み続けて身体を壊すか

このどちらかになりまっせ?どうしますかい?

選択肢は0か100か、どちらかしかありませんぜ?

ということを

中田あっちゃんが力説していらっしゃいました

 

日頃から、何かを決める時は

恐怖心や不安感からの選択をしないように心がけていて

怖いから、これやめよう

不安だから、これやっておこう

という選択をしないようにしているんだけど...

 

いるんだけどね.....

 

お酒に関しては、恐怖心を "あえて" 植えつけないと

やめられないだろうな...とおもった

 

だから "あえて" 

今後も習慣飲酒を続けたらどーなってしまうのか?の

最悪なシュミレーションをして

おっそろしい情報をたくさん集めて

"あえて" お酒の害をインプットさせて

ひぇぇぇぇ!

こんな恐ろしいことが起きるかも知れないなら

やめます、やめます、やめます!

と、かなりの荒治療的なやり方に振りきってみた

 

そんなこんなで

20年の習慣飲酒にサヨーナラ

 

何でも90日間お酒を一切飲まなければ

脳が習慣を忘れるので

とにかく90日続けてみなされ、とのこと

 

やり方は、この上なくシンプル

「酒を飲まない」だけ(笑)

ノンアルコールビールなどの代替品も

わたしはナシにした

代替品を飲んでいたら

すぐに、本物が飲みたくなってしまいそうだから

 

今ね、断酒生活45日経過

ちょうど折り返し地点(笑)

 

完全な断酒に踏みきる、というのは

飲むか?飲まないか?の選択肢がないから

酒量を減らすとか、日数を減らす、というようなやり方よりも

全然ラクに感じるのが不思議

仕事帰りに

キンキンに冷えたハイボール様のことを思い出しても

飲みたい?あっそ? でも、飲む選択肢はないよ?

って諦める以外に方法がないから(笑)

 

お酒とのお別れは

ある日突然やって来た

 

このことに少し驚いている(笑)

 


f:id:mieaquarius:20210717171820j:image

 

あれ?今年は健康管理イヤーだっけ?

 

添加物と農薬をできるだけカットする

小麦粉とシュガーを控える

 

そしてついに断酒!

 

と、あれれ?

何か意識高い系の

ともすると チョット面倒くさい系の人になってない?

(これね~! ↓ ↓)

mieaquarius.hatenablog.com

 

そういえば、昨年末から

16時間ファスティングもやってるんだ

 

うん...たぶん今年は個人的に

食生活とカラダ見直しイヤーなんだわね

 

16時間ファスティング

ダイエット目的だったのではなくて

胃腸を毎日一定時間お休みさせる、という目的で

始めただけなんだけど

7ヶ月続けた結果としては

明らかに少し痩せました

 

体重を計る習慣がないから

数字としての把握はできないけど

去年ジャストサイズだったお洋服が

今年はちょいブカブカ、みたいな

そんな表れ方

 

添加物や農薬をできるだけカット、と

小麦粉とシュガーを控える、に関しては

ある程度長いスパンで続けてからじゃないと

効果を実感できなさそうだな~

なのでまだ様子見

 

お酒をやめたことで実感できるメリット部分は

 

うーん.....そうだなぁ

 

①特にない

②別にない

③これと言ってない

 

まぁ、強いて言うなら

お酒代がかからなくなったこと....くらい?(笑)

 

なんかね、お酒は

案外アッサリやめられちゃったもんだから

飲むこと、飲まないこと、に執着がなくて

具体的な効果とかメリットすら考えない

という感じなの(笑)

 

何事に関してもだけど

執着心って苦しいよね

 

それがないから

ヒジョーに淡白(笑)

 

これには自分が一番ビックリ!

 

 

Mie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願望実現 頑張ることをやめて最高の結果を出す

願いが叶うしくみは おどろくほどシンプル

 

英語が話せるようになったのも

パートナーと出会ったのも

40代に入ってから

 

それまでの20代 30代は

思い出すだけで泣いてしまいそうな位 (笑)

何もうまく行かなかった

 

元々学校のお勉強がキライで苦手

学校生活そのものも合わなかった

部活に精を出したこともなく

友達も少なかった

授業が終わると真っ先に家に帰りたくて

ソッコー教室を飛び出していたっけ

別に家で何をするわけでもないのに(笑)

とにかく、学校という場所が苦手だった

 

だから

学歴なんかまったくないし

キラキラした経歴もない

 

人がたくさんいる、という環境も苦手で

従業員のたくさんいる職場で働いたこともないし

趣味の習い事を始めてみても

大勢の人と関わることにプレッシャーを感じたり

大勢の中で発言できない、とか、萎縮してしまう、とか

そんなことばかりで

ひとつの習い事を長く続けることもできなかった

 

合コン (もう死語なのかな?) なんてゆう

想像するだけで恐ろしい集まりにも

参加したことはほとんどない

なぜなら

これはどう考えても自分には不向きな会合だ、と

行かなくてもわかっていたから(笑)

 

仕事だけは

転職をする方がよっぽど大変そうだな~、という惰性 (?) と

親にかけられた昭和の呪い(笑)が解けず

1つのところに長く勤める、ということをして来た

 

昭和の呪い (ひたすら耐えろ!我慢しろ!の教え) を

かけ続けられた親との関係も悪かった

関係が悪い、というか

ある日突然

親のことを好きになれなくなってしまった

特に母親に関しては、顔を見るのもイヤ!という

わたしの一方的な拒絶が始まってしまい

これが結構長引いた (今はもう改善されているよ)

 

オマケに20代で謎に体調を崩し

身体中の肌がボロボロになってしまい

しょっちゅう熱を出して

病院通い、薬、注射、ざんまいの生活を余儀なくされちゃった

身体はずっと不調のまま30代に入って

「こんなのもうイヤ!元気になりたい!」と

体質改善のチト大がかりな治療を開始した

 

薬漬け (言い方...) の身体を

元に戻すことが最優先の治療が始まって

身体に溜まった薬の毒素を抜くために

かかった期間は約2年

これは.....

はぁぁぁ~しんどかった(笑)

 

そんなこんなで

30代が終わる頃まで

な~んにもいいことなかった

 

恋愛なんて、言わずもがな

サッパリうまく行かなくて

もしかしたら、これが人生で一番うまく行かなかったことかも

誰かとお付き合いしてもすぐにダメになる

まぁ平たく言うと、すぐに振られるってことね(笑)

 

自分の何が悪いのか?

何を改善すれば幸せになれるのか?

どうすればうまく行くのか?

 

自分なりに一生懸命考えて頑張って努力もしてみた

 

でも

仕事も、恋愛も、人間関係も、家族の問題も

頑張れば頑張るほど

なぜだか、より複雑でキツい方向に向かい出す

 

こんなに頑張っても何も改善しないなんて...

頑張りが全然足りないんだ...

もっともっと頑張らないといけないんだ...

 

なんてゆー

 

今ふり返ると

「目を覚ませコラッ!」って

両肩を掴んで

身体をブンブン揺さぶってあげたくなるような(笑)

問題解決法にばかり取りくんでいた

 

そんな "な~んにもいいことない人生" が

好転し始めたのは40代に入ってから

 

「頑張れば、努力すれば、きっと良くなる!」

なんていう方法では

何の解決にもならない、ってことを知り

"起きている問題" から意識をそらして

楽しいこと、心地良いこと、を優先させるようになってから

物事が、おもしろい位に好転し始めた

 

 

英語は

ずーっと昔から話せるようになりたいと思っていたけど

勉強してもすぐに飽きてしまうし

そもそも勉強のやり方もよくわからなかったし

自分には合わない勉強法に手をつけては

すぐに飽きて やめる、の連続くり返しで

わたしの過去の英語学習は黒歴史ばかり

 

それがなぜだか

40代で始めた英語独学やり直しでは

効果が出た

 

学習開始から2年ほどで

外国人と英語のみでコミュニケーションを取ることが

できるようになり

今では、毎日英語を話す環境の中にいる

 

でも、実は、英語を話せるようになるまでに

そんなに大変な勉強はしていないの

量だけで捉えたら

わたしより もっともっとたくさん

わたしより もっともっと長い期間

わたしより もっともっとむずかしい内容を

勉強しているひとは いーっぱいいるとおもう

そして、残念ながら

その方たちが

今でも英会話をほとんど習得できていない、という

事実も何となく知っている...

 

英語やり直し学習を始めてから、現在の彼と出会うまでに

外国人の親しい友人はいなかったし

日常的に英会話を試すチャンスに恵まれていた訳でもないし

特別な環境などはどこにもなかった

 

唯一、少し頑張ったのは

中学文法のやり直しと

英検を受験した時の試験勉強、だけ

 

ホントにそれだけ

 

むしろ、頑張ることは手放していた

 

英語が話せるようになった自分、を想像して

ワクワク・ドキドキしていただけで

猛勉強はしていない

そんなに大変な努力もしていない

 

やったのは

頑張ることとガムシャラな努力を手放すこと、のみ(笑)

 

学習量としては

どこまでもムダを省いて、的を絞って

自分が求めていることから少しでも外れるような勉強は

しなかったから (英検受験以外) 

たぶん、最小限のことしかやっていない、とおもう

 

使う教材も、基礎文法が終わってからは

自分の好きなものだけを選んで

ゆるい気持ちで、リキみがなかった

 

そんな中、潜在意識について知ったことで

意識のしくみを理解して

それをどう現実に反映させて

望む未来を創って行くか?

を、自分自身で実験するような感覚でいたら...

 

うわっ!わわわわわっ!

人生最難関にうまく行かなかった

恋愛までもが好転して

望み通りのパートナーと出会うことができた

 

 

ひとは、みーんな誰しも

自分が望む現実を生きたいし

今、うまく行かないことがあれば

それを良くしたいとおもうよね

 

だから "うまく行かないこと" と向き合って

そこをジーッと見つめて

改善策、解決法を見つけて

その "うまく行かないこと" をどうにかしようとする

 

モチロン、過去のわたしもそうして来た

(昭和の呪い感満載のやり方で)

 

しかし.......

それではうまく行かない、ってことがわかったとき

お膝カックン × 100万回 の衝撃を受けた

 

今、お仕事、恋愛、お金、人間関係、などが

自分の理想通りではない

ナカナカうまく行かない

と、感じていて

その、うまく行かない事象、を解決しようと悩んでいたり

何か達成したい目標があって

そのことに必死で取りくんでいる状態におられる方は

悩む思考と、必死な努力を

ポイッと手放してみて

 

わたしたちが生まれつき兼ね備えている力のひとつ

潜在意識、は

わたしたちのどんな願いも叶える力と

どんな悩みも解決する力を持っています

 

潜在意識を

科学、として捉えても

スピリチュアル、として捉えても

どちらでもまったく構わないとおもう

 

わたしは、この 「意識の力」を最大限に活用して

英会話も、パートナーとの出会いも

どちらも

おどろくほどカンタンに

おどろくほどシンプルに

おどろくほどあっという間に

現実に叶えることができたよ

 

潜在意識の使い方、にはコツがあるから

それだけを知っていればダイジョブ!

 

*潜在意識の使い方とコツを

 こちらに詳しく書いています

 どんな目標や願いもやり方は同じ

 ぜひ読んでみてね

 ↓ ↓ ↓

mieaquarius.hatenablog.com

 

願いが叶うプロセスは

とってもシンプル

 

こんなカンタンなしくみだったの!?

あたしゃ今までの人生どんだけ遠回りしたの!?

 

って(笑)本当におもった

 

何か叶えたいことがある方は

とーってもシンプル & カンタンなので

ご自分の潜在意識の力をフル活用しちゃいましょ!

 


f:id:mieaquarius:20210715155451j:image

 

力まずに最高の未来をつくる

 

潜在意識の力を最大限に活用して

自分が望む最高の未来をつくろうとする時は

力まないことが大きなポイント

 

ゆるーく

リラックスして

気持ちよく

心地よく

 

毎日を過ごしていればいい

 

何か問題が起きている時は

その問題そのものを凝視しない

 

「見つめているものは拡大する」

 

この法則が働いているから

問題を見つめていれば

その問題は解決されるどころか、むしろ肥大化しちゃう

 

例えば、パートナーと出会いたい、とおもっていて

どうやったら理想の相手と出会えるか?

どこを改善すれば過去の恋愛の失敗をくり返さないか?

どこに行けば相手がいるのか?

このような意識が大きくあると

意識は、自分に相手がいない不足感、を

ジーッと見つめてしまっていることになっちゃう

 

なので、ここを見つめない

 

潜在意識へご自分の理想のパートナー像と

そのパートナーと幸せに暮らしている "気持ち" を

放ったら

あとは、リラックスして

楽しい、心地いい、気分がいい、と感じられることに

時間を費やす

 

お仕事の環境を良くしたい、とおもったら

仕事上の厄介ごとや、トラブルは見つめずに

お仕事以外の時間を う~んと充実させる

 

人間関係も、お金のことも

やり方はゼンブ同じ

 

望む未来の現実化

願望実現

 

これって、とってもシンプルな構造でできてるよ

 

むずかしいことなんて何もないよ

 

理想のパートナーも

理想の暮らしも

理想の働き方も

 

叶えるしくみはどこまでもシンプル

 

当たりまえだけど

年齢や、過去の経験も一切関係ないからね

 

願いは躊躇せずに

どんどん放ってみよう!

 

 

Mie